沿革

昭和 9年 4月 9日公立青年学校標津村立標津実践女学校として開校(小学校に併置(現標 津町役場付近))
昭和16年 4月 1日標津村立北海道標津実科高等女学校に昇格し開校
昭和18年 4月 1日標津村立北海道標津高等女学校に校名改称
昭和24年 4月 7日標津村立北海道標津高等家政学校(被服科1間口)として開校(昭和26年3月31日廃止)
昭和25年 5月 2日北海道中標津高等学校標津分校(定時制課程普通科1間口)として開校   (昭和26年3月31日廃止)
昭和25年 5月20日標津高等家政学校から大部分が入学(第2次募集)、(昼間)定時制課程被服科第1・2学年各1学級設置
昭和26年 3月 (昼間)定時制課程被服科第2学年、高等家政学校研究科卒業、高校は3年修了の単位証明
昭和26年 4月 1日標津村立北海道標津高等学校(夜間定時制課程普通科1間口・昼間定時制課程被服科(第2学年)1学級)として開校
昭和26年
生徒会発足
昭和26年 8月25日北海道標津高等学校PTA発足
昭和27年 4月 1日全日制課程普通科設置(全1間口1学級・定1間口4学級)
昭和28年 3月13日定時制第1回卒業式(昭和25年度第2学年普通科編入者)
昭和28年 6月20日高体連初出場の柔道選手壮行会(応援歌斉唱)
昭和28年10月15日校章・校歌制定(作詞:矢吹弘照 作曲:飯田三郎)
昭和28年10月24日公民館主催「標津村文化祭」参加(~25日:第1回標高祭として起算、翌年以降、演劇発表大会、音楽発表大会、


弁論大会開催、昭和37年度以降に「学校祭」へ)
昭和29年 2月25日新聞局『標津高校新聞』創刊号発行
昭和29年 3月 7日定時制第2回卒業式(普通科7名、被服科6名)
昭和29年 3月23日初めての道外修学旅行(京都、奈良、伊勢、鎌倉、江ノ島、東京、日光、12泊13日)
昭和30年 3月 5日全日制第1回、定時制第3回卒業式
昭和30年 8月28日校旗制定(寄贈:小野李吉氏)及び屋内体育館落成記念祝賀式典挙行(初の屋内体育館)
昭和32年 1月15日北海道標津高等学校同窓会設立
昭和33年 4月 1日全日制課程普通科1間口増(全2間口4学級・定1間口4学級)、2年生 から普通・商業・被服コースの3コース
昭和35年 4月 1日全日制課程普通科1学級を商業科に学科転換(全普通科1間口5学級・ 商業科1間口1学級・定4学級)
昭和35年10月 1日開校10周年記念式典挙行
昭和37年 7月タイプ部、全国高校和文タイプライティング競技大会北海道大会で


団体・個人優勝(団体:2チーム1・2位、個人:1~3位)、全国大会出場
昭和38年 2月15日生徒会誌『潮流』創刊号発行
昭和38年 3月31日道立移管
昭和38年 4月13日北海道標津高等学校羅臼分校(定時制課程)開校(昭和50年3月31日廃止)
昭和39年 7月26日タイプ部、全国高校和文タイプライティング競技大会北海道大会で団体準優勝・ 個人優勝、全国大会出場
昭和40年 7月タイプ部、全国高校和文タイプライティング競技大会北海道大会で団体・個人優勝、全国大会出場(この年から3年連続)
昭和41年 3月31日定時制課程閉課
昭和43年 4月 1日 全日制課程商業科1学級普通科に学科転換(普通科2間口4学級・商業科1間口2学級)
昭和44年11月15日 現在地に移転(新校舎竣工移転)
昭和44年12月18日体育館竣工
昭和45年 2月 7日開校20周年・校舎新築落成記念式典挙行
昭和45年 3月31日全日制課程商業科閉科
昭和48年 4月 1日全日制課程普通科1間口増(普通科3間口7学級)
昭和49年 9月 1日格技場工事着工
昭和49年12月 9日格技場竣工
昭和56年 8月17日実習棟工事着工
昭和56年12月 5日実習棟竣工
昭和56年 2月 6日標津高校同窓会と標津高等女学校同窓会の合併
昭和58年10月 1日校訓制定及び創立50周年記念式典挙行(新制高校開校30周年(昭和55年)を改め、実践女学校開校から起算)
昭和59年 6月 7日在学青少年健全育成事業「高校生地域奉仕活動(高校生ボランティア)」実施校指定(昭和59・60年度)
昭和63年 6月23日校舎改築工事(Ⅰ期)着工
昭和63年 5月16日校舎改築工事(Ⅱ期)着工
昭和63年 8月28日第36回標高祭、改築工事により、2日間、農村環境改善センターで開催   (~30)
昭和63年12月12日新校舎完成
昭和63年12月14日制服改定(ブレザー型)
昭和63年12月16日新校舎竣工
平成 元年 1月18日新校舎への移転完了
平成 元年 9月22日強歩大会(当初「大会」、開始年度、トドワラ~学校)
平成 元年12月10日新校舎落成記念式典挙行(改装テーマ「青い海、緑の大地」)、落成記念碑建立(寄贈:落成記念事業協賛会)
平成 2年 9月第38回標高祭でPTA展示・特産物即売、初実施
平成 2年 9月22日強歩遠足(古多糠小中学校~金山スキー場)
平成 5年10月23日創立60周年記念式典挙行
平成 5年 4月 1日第14期「児童・生徒のボランティア活動普及事業」協力校指定(平成5~7年度)
平成 6年 9月22日強歩遠足(野付半島~学校へコース変更)
平成 6年10月 4日北海道東方沖地震により校舎内外に被害被る(テニスコート液状化、各所地盤沈下等)
平成 6年12月 1日標津高校案内板寄贈(平成5年度卒業生)、その後設置(国道244号線沿い)
平成 7年
野付巡検(開始年度)
平成 8年 4月 1日全日制課程普通科1間口減(普通科2間口8学級)
平成10年 4月 1日全日制課程普通科2間口6学級
平成10年11月 2日車椅子用トイレ新設(やさしい町づくり事業)
平成11年 7月18日第47回標高祭最終日、「お父さんのグルメ屋台」初出店
平成12年 4月 1日3類型制教育課程開始
平成12年 4月 1日文部省「科学技術・理科教育総合推進事業」実施指定校 (平成12~14年度)
平成12年 4月 1日「情報教育アドバイザー活用事業」、「スクールカウンセラー活用事業」実施校指定(平成12年度)
平成12年 5月31日「地域連携学校づくり事業」実施指定校(平成12・13年度)
平成12年 8月 1日海外研修派遣(カナダ、平成13~15年はニュージーランド)
平成13年 2月17日根室管内教育実践表彰受賞
平成13年 4月 1日「未来をつくる高校教育推進事業」実施指定校(平成13・14年度)
平成14年 1月吹奏楽部、全道リコーダーコンテスト金賞・会長賞、全国大会(3月)出場


(平成15、16、17、19、20、21、23、24、26、28年も、20年は全国金賞  ・花村賞、


23年は震災により中止、28年は全国金賞)
平成15年 7月20日第51回標高祭第2日、70周年記念企画:地域交流の合唱
平成15年 9月吹奏楽部、全道高校音楽発表大会器楽管弦楽部門最優秀賞、平成16年度全国高総文祭(徳島)出場権


(高総文祭出場は19(島根),21(三重),24(富山),28(広島)年度も)
平成15年10月 1日「夢と活力あふれる高校づくり推進事業」における「ふるさとハイスクール」実践指定校(平成15・16年度)
平成16年 2月22日根室管内教育実践論文成果総合賞受賞
平成17年 2月17日高等学校教育情報化設備整備事業、整備工事完成
平成17年 2月19日根室管内教育実践論文成果総合賞受賞
平成17年 4月 1日文部科学省 豊かな体験活動推進事業「命の大切さを学ばせる体験活動に関する


調査研究」(平成17・18年度)
平成17年10月 7日 高文連全道高校理科研究発表大会化学部門総合賞(最高賞、H18、19、21年度も)
平成18年 2月 8日根室管内教育実践論文成果実践賞受賞
平成18年 4月 1日2学期制開始
平成18年 5月18日新屋内体育館棟(体育館、柔剣道場)工事着工
平成18年 7月22日第54回標高祭、体育館工事により、あすぱるで開催(~23)クラス合唱で課題曲「COSMOS」追加(~H25年度)
平成18年10月12日スポーツ大会(~13)、年1回の開催へ
平成19年 3月23日 新屋内体育館棟(体育館、柔剣道場)竣工
平成20年 7月 3日「地域とともに学ぶ高等学校環境教育推進事業」における「環境教育プロジェクト校」実践研究指定校(平成20~22年度)
平成21年 7月 6日千歳科学技術大学との連携協力に関する協定書調印
平成21年 8月陸上部、全国高校総体出場(100M、走高跳、槍投)、以降、平成28年度まで8年連続出場
平成22年 2月18日根室管内教育実践表彰受賞
平成23年 3月16日環境のための地球規模の学習及び観測プログラム(グローブ)推進事業指定校(平成23・24年度)
平成25年 8月17日創立80周年記念式典挙行
平成26年11月12日校舎放送設備更新
 

所在地
〒086-1652
標津郡標津町
南2条西5丁目2番2号
TEL
0153-82-2015(事務室)
0153-82-2364(職員室)
FAX
0153-82-2021
E-mail
n-shibetsu-z0(@)hokkaido-c.ed.jp
※ @の( )をはずしてください。
 

カウンタ

COUNTER25877

このサイトについて