自然科学部

   
顧問 鈴木 祐二
部長 佐藤 皐月
自然を科学するのが自然科学部です。現在は、トゲウオ・オタマジャクシ・モウセンゴケを中心に望が丘公園をメインフィールドに研究をしています。普段は、飼育している生き物たちの世話や望が丘公園や海の公園でのサンプリングを行います。自分で興味を持ったことをとことん研究し、考え、議論し、結果を求めていきます。
目標は、高文連全道大会や学会です。また、機会があれば様々な勉強会に参加します。昨年度参加した大会等は・・・
高文連支部大会(釧路市)、高文連全道大会(岩見沢市)、環境学習フェア(北見市)、
高校生環境学習ポスターセッション
また、標津町との関わりでは・・・
ポー川・標津湿原の水質調査、サケにまつわる写真ワークショップ、ハイスクールフェス
このように様々な活動に取り組んでいますので、しっかりと責任を持って部活動に取り組める人待っています。
活動場所 生物化学教室(3F)
活動時間 平日放課後~18:00(バス帰宅時間まで)
 

日誌

自然科学部活動報告
2018/05/22

東京農業大学へ

| by 教職員11
5月19日(土)自然科学部 網走遠征!
 マリンチャレンジに採択されたこともあり、海洋環境の化学分析の技術の習得と学習のために東京農業大学オホーツクキャンパスへ部員3名が行きました。
   
  
   
 海洋水産学科水圏環境学研究室の塩本教授の指導元、海水中からクロロフィルを抽出する方法、そしてその後の蛍光分析の原理を教えていただきました。サンプルを繊細に扱わなければならず少し手間取っていましたが、無事サンプルを試薬に浸けることができました。また、栄養塩類の分析には、複雑にチューブが並んでいる不思議な機械で調べます。その機械の性能と価格にびっくりした3名でした。
 これから自分たちの研究のために学んだ知識を活かして、海水の分析データを使って深い研究になるように頑張ります。

 東農大 塩本教授、お忙しい中、お時間をいただきありがとうございました。

08:29
2018/05/16

行者ニンニク

| by 教職員11
 4月の部活動・・・GW前に裏山で行者ニンニクをとりました。
    

    
なかなか太い行者ニンニクが見つからず苦労しましたが、みんなで食べるジンギスカンに入れるために頑張りました。いよいよ春到来!

08:18
2018/05/14

マリンチャレンジ採択!

| by 教職員11
H30年度 マリンチャレンジプログラムに採択されました。
  
 これは、日本財団、(株)リバネス、(一社)日本先端科学技術教育人材研究開発機構主催によるプログラムで、海・水産分野・水環境に関わる研究に挑戦する全国の中高生を対象に研究サポートが行われます。
 H30年度、東北北海道地区で、本校の自然科学部2年生の河本君のプログラムが採択されました。研究は、「オホーツク海根室海峡における珪藻類の季節変動を追う」というテーマで、前浜に出現する珪藻類の季節変動を調べます。
 さまざまなサポートを受けて、この一年間、しっかりと調査研究をしていきます。ぜひ応援よろしくお願いします。まずは、8月の発表会に向けて、研究スタートです。

11:06
2017/10/17

高文連全道理科研究発表大会へ

| by 教職員11
 10月12日(木)~13日(金)、帯広市の市民文化ホールととかちプラザを会場に高文連全道理科研究発表大会が行われました。自然科学部は、口頭発表とポスター発表で参加しました。
 全道各地からさまざまな理科(物理・地学・化学・生物分野)の研究を行っている高校生が自分たちの行ってきた研究についてその成果やこれからの展望などわかりやすく参加者に説明していました。高校生ながら緻密なデータをしっかりと分析し、結果を導く学校もあり、お互いのよき研鑽の場となりました。

 結果は、口頭発表が努力賞、ポスター発表が展示賞とまだまだ目標には遠く及ばない結果でしたが、これからの日々の研究に向けてさらにデータの蓄積、研究の深化を図っていきたいと思います。

 これからも標津の自然をフィールドに研究発表を続けていきます。
08:06
2017/09/20

自然科学部 日本魚類学会へ

| by admin
9月16日(土)に函館市の北海道大学水産学部で行われた日本魚類学会高校生ポスター発表大会へ参加しました。
 本校自然科学部では、昨年度より望ヶ丘公園に生息するエゾトミヨに焦点をあてて、調査研究を続けています。その成果を魚類学の専門家の集まる学会で発表しました。発表内容は、標津町内のトミヨの分布調査とエゾトミヨの食性調査、また、望ヶ丘公園内に多く生息するエゾトミヨの謎を追うというポスターでした。
 コアタイム1時間の間、多くの参加者へポスターのプレゼンを行いましたが、自分の研究内容を一生懸命に伝えることができました。

 当日は、トゲウオの専門家(参考文献に使った著者)からも研究調査に関するアドバイスをいただき、さらにトゲウオ類の生態についても教えていただくことができました。また、学会に参加してた多くの専門家から発表方法やデータ処理方法などのアドバイスをいただき大変実り多き学会参加となりました。
 最後の表彰式では、学会より”優秀賞”をいただきました。
 今後もエゾトミヨの調査研究を通して、標津の自然を守るお手伝いができればと考えています。

11:02
2017/08/23

高文連理科発表大会 釧根支部大会

| by 教職員11
 8月22日(火)に釧路明輝高校にて行われた理科発表大会釧根支部へ参加しました。当日は、釧路市内、根室、標茶から多くの生徒が集まり、それぞれ行ってきた研究について口頭発表とポスター発表で紹介し、お互いに研鑽を深めました。

 本校自然科学部は、オタマジャクシの研究として口頭発表で「カエルの幼生期に与えた外傷と影響」、ポスター発表で「標津町内のトミヨ属を探る!~望ヶ丘公園のエゾトミヨ生息の謎~」について紹介しました。結果は、口頭発表が奨励賞、そしてポスター発表では優秀ポスター賞をいただくことができました。

 この後に続く全道大会に向けてさらに資料のまとめと発表技術の向上を目指していきます。
17:17 | 報告事項

所在地
〒086-1652
標津郡標津町
南2条西5丁目2番2号
TEL
0153-82-2015(事務室)
0153-82-2364(職員室)
FAX
0153-82-2021
E-mail
n-shibetsu-z0(@)hokkaido-c.ed.jp 
※ @の( )をはずしてください。
 

カウンタ

COUNTER70193

このサイトについて