自然環境系科目
〈自然環境系の大学や地元就職を目指す!〉
◯ 標津周辺の特色ある自然環境を題材とした体験活動を行い、地球規模での環境の保護や活用を考えることのできる人材育成を行います。
 
 

日誌

自然環境系科目活動報告
1234
2018/07/19

キノコ初収穫!

| by admin
 7月18日(水)、学校祭も終わりましたので、3年生自然環境系科目選択生徒たちも気持ちを切り替えて、課題研究のひとつである望が丘公園内のアイヌ文化遺跡発掘調査のために野外へ繰り出しました。
 遺跡調査の前に先日、本伏したキノコのホダ木の確認をしに行った所、なんとナメコがホダ木から顔を出していました。
 他のホダ木からも、ナメコの赤ちゃん(?)もパヤパヤと出てきていました。今後はコマ送りカメラなどで成長の様子を記録できればと考えています。
 キノコ発見の興奮冷めやらぬまま、公園内の遺跡と思わしきくぼみを確認し、今後の本格的な発掘の下準備として草刈りを行ってきました。笹やアザミなどの手強い草も多く、大変でしたが、なんとか3カ所の草を刈れました。
Before                 After
  →  
 肉体労働でくたくたになりましたが、帰り際に畑をふと見ると、ジャガイモの花が咲いていました。優しい紫色のかわいらしい花が、疲れた皆を出迎えてくれる様でした。
 余談ですが、放課後先生達でナメコを試食してみました。流通しているナメコよりも風味が強く、美味しかったです。

10:25
2018/07/07

林業学習(キノコ作り)

| by 教職員11
6月29日(金) 林業学習を実施しました。

 昨年度からお世話になっている町の農林課、林業研究グループの井関さんたち、根室振興局森林室の鈴木さんのサポートで、昨年度駒菌を打ち込んだほだ木の本伏を行いました。
   
 森の中で不要な枝を払い、作業場所を確保、菌がまわったほだ木を仮伏した筵から運び出し、綺麗に並べ、ナンバリングを行いました。ベテランの皆さんによると菌はほだ木にまわっているとのこと。今年は、キノコが発生しそうです。
   
     キノコにナンバ-を打っていきます。
   
    ほだ木の状態を記録・・・ナメコにヒラタケ!楽しみ

来月のお盆を過ぎた頃からほだ木の管理を行い、どれくらいキノコが発生するのか記録をしていきます。もちろんおいしくキノコも頂きます!

13:59
2018/07/02

すくすく育っています

| by 教職員11
 6月下旬 チョウザメの測定を行いました。
   
 受け入れてから約一ヶ月。いろいろあり5匹となりましたが、体重、体調ともすくすく育ちました。(その後水槽から飛び出し、現在4匹)
チョウザメ水槽の水質管理のために、換水の度に水質チェックも行っています。水がなかなか安定せず、アンモニウムイオンの濃度が急に上がってしまったり、亜硝酸イオンの濃度が下がらなかったり、あれこれ手を尽くして現在何とか安定してきた様子。

 7月に入り、しばらくそのままにしていたイトウも浮上を始めました。サケ稚魚よりサイズは小さいですが水槽内を元気に泳ぎ回っています。これから餌を食べ始めてくれることと思います。




19:41
2018/07/02

ポー川ガイド養成講座

| by 教職員11
5月~始まった「ポー川ガイド養成講座」
 標津高校生による標津湿原、ポー川の案内を行うための準備が始まりました。始めに、小野学芸員からの実際のガイドを受け、ポー川について学習をしました。また、ポー川とその周辺の歴史的な知見、遺跡の知見を学習しました。高校生が標津を訪れた観光客などを対象にガイドを行い、標津の魅力、ポー川のすばらしさを伝えるために準備をしています。
   

   
 7月には、地元のガイドボランティアの方々と一緒にガイドの練習を行いました。ガイドという立場で相手に接する時の注意点や気の配り方、相手に伝わる話し方、相手の興味を引き寄せるテクニックなどなどたくさんのアドバイスを頂きました。これからもっと練習を重ねて夏休みにガイドとして活躍できればと思います。
   


19:19
2018/06/22

耕作日記

| by admin
 6月22日(金)、先日植えたジャガイモと玉ネギの育成記録をとりました。ジャガイモはすでに芽吹き、順調な様子になってきました。玉ネギも、カヌーの上にビニールをかけて簡易温室にしてから元気になったようです。さらに元気に発育してもらうために、追肥も行いました。

 
 また、去年準備したキノコのほだ木の様子も確認してきました。少し見にくいですが、木目の部分が白くなり、菌が浸透している様子がうかがえます。いつ収穫できるかはわかりませんが楽しみです。
 最後に余談ですが、キノコは学校の裏山に保管してあるのですが、校舎に戻るときに雨が降ってきました。濡れる覚悟で戻ろうとしましたが、ふと目に入ってきたのは大きな「フキ」でした。映画「隣のトトロ」のように傘代わりにつかえないものかとやってみたところ、上手い具合に代用でき、濡れませんでした。

写真は標津高校のトトロたちです。

16:56
2018/06/06

今年の畑

| by 教職員11
 カッコウの鳴くこの季節、畑の季節がやってきました。
二年生が中心になって今年もジャガイモとタマネギに挑戦です。まずは、土作りということで、畑を耕し、肥料を追加、早速ジャガイモを植えました。今年は何Kg取れるでしょうか。楽しみです。
  
      カヌーでは、タマネギを育てます。

08:02
2018/05/29

イトウ孵化

| by 教職員11
5月29日(木) 本日ほぼイトウの孵化が終わったことを確認できました。
数個の死卵がありましたが順調に稚魚は育っています。
   
サケ稚魚とは、サイズも卵の色も異なり、孵化した稚魚も小柄でかわいい感じ。浮上するのはいつになることやら。楽しみな日々が続きます。

ちなみにチョウザメの体重は現在100g程度です。こちらも順調です。生徒をいやしてくれています。

19:12
2018/05/29

チョウザメとイトウ発眼卵

| by 教職員11
5月21日(月)本校の水槽へ 新しい仲間がやってきました。

 今回もサーモン科学館のあの有名な市村館長のお陰でサーモン科学館で生まれたチョウザメとイトウの発眼卵が学校へやってきました。まずはあいさつ・・・今回は、2年生5名が担当します。
   
 新たにセッティングしたアクリル大型水槽へチョウザメ10匹が放たれました。ゆらゆらと泳ぐチョウザメは、きっと本校の人気者になることでしょう。ちなみに標津の生徒は、”指パクできるの?”って聞いてきます。サーモン科学館効果でしょうか。ちなみに指パクはできません。
   
 そして、サーモン科学館で人工授精されたイトウの発眼卵。あと数日で孵化する状態の卵を分けていただきました。絶滅危惧種でもある貴重なイトウ、学校の水槽で元気に孵化してくれることを楽しみにしています。
   
       眼が見えています(発眼卵)
 毎回、さまざまなサポートをと頂いているサーモン科学館にお礼申し上げます。ありがとうございます。大事に育ていきます!!


18:59
2018/05/15

サケ稚魚放流

| by 教職員11
 5月14日(月)サケ稚魚放流。
 
 昨年の11月から育ててきたサケ稚魚を標津川へと放流しました。体長5cm、体重1g程度まで育てたサケ稚魚、200個頂いた発眼卵から放流までたどり着いた稚魚は、約180匹強。今年はとても上手に育て上げることができました。これは、ひとえに選択生徒のみんなで世話をした成果です。
     
 放流前にサーモン科学館の有名な市村館長からサケ稚魚の体色についてのレクチャーをいただき、実際に自分たちで育てた稚魚で実験してみました。黒いバケツに入れると体色は黒ずみ、その後白いバケツに入れるとみるみる体色が白くなりました。体色変化が上手にできたことは、健康なサケ稚魚の証拠。
 そんなサケ稚魚をサーモン科学館の池から放流。大きなコイに食べられないか心配でしたが、稚魚たちは元気に泳いで行きました。
     
 サケ学習の最後は、サケの回遊ルートについて。稚魚たちの4年間旅に思いをはせて、市村館長の話を聞きました。
 サケ学習に関わり関係諸機関から多くのご協力をいただき感謝申し上げます。また、今年の秋からよろしくお願いします。

15:51
2018/05/10

春の動物プランクトン

| by 教職員11
 先日、プランクトンネットで採集したプランクトンを検鏡し、スケッチしました。5月というと海中では、春が終わり動物たちが生き生きとし始める季節となります。今回も植物プランクトンは少なめ、でも動物プランクトンたちが元気に泳ぎ回っておりました。その中でちょっと変わった、かわいい動物プランクトンを紹介します。

まずは・・・キプリス幼生
      
こちらは、フジツボのノープリウス幼生が終了し、付着する最終段階に入った幼生です。気に入った場所を見つけるとそこに固着します。迷いながらその場所を探す姿は、とてもけなげです。

次は・・・ウミフサワムシ
     
ワムシ(輪虫)というと、水産増養殖では初期餌料として大切な生物です(シオミズツボワムシ)。尻尾みたいなところでものにしがみつき、植物プランクトンを食べています。

最後は・・・多毛類(ゴカイ)のネクトキート幼生
     
二つの黒い点は、つぶらな眼。まだゴカイのように体が長くなっていませんが、少しずつその体(体節)が成長していきます。泳ぎ方がうね~っとしてとてもかわいらしい幼生です。
08:12
1234

所在地
〒086-1652
標津郡標津町
南2条西5丁目2番2号
TEL
0153-82-2015(事務室)
0153-82-2364(職員室)
FAX
0153-82-2021
E-mail
n-shibetsu-z0(@)hokkaido-c.ed.jp 
※ @の( )をはずしてください。
 

カウンタ

COUNTER78191

このサイトについて