自然環境系科目
〈自然環境系の大学や地元就職を目指す!〉
◯ 標津周辺の特色ある自然環境を題材とした体験活動を行い、地球規模での環境の保護や活用を考えることのできる人材育成を行います。
 
 

日誌

自然環境系科目活動報告
12
2017/10/19new

カヌー進水式

| by admin
 10月19日(木)、第3学年自然環境類型で茶志骨川に行き、半年かけて作成したカヌーの進水式を実施しました。気温は低めでしたが、陽は降り注ぎ、風も穏やかで、絶好のパドリング日和でした。


 今年度作成したヌーは、歴代カヌーの中でも有数の美しさの出来となりました・・・が、水上でバランスを崩し、残念ながら数名の生徒がドボンしてしまいました。
 また、オジロワシや丹頂鶴、カモなどの野鳥を観察することができ、野付半島の大自然の雄大さを改めて実感できました。

17:54
2017/10/18new

第2回忠類川釣獲調査(サーモンフィッシング)

| by admin
 10月18日(水)、第2学年自然環境系科目で忠類川に第2回の釣獲調査(サーモンフィッシング)に行きました。前回との比較のために、同じ場所で調査(釣り)を実施しました。前回は「カラフトマス」がほとんどでしたが、今回は「シロザケ」を目視できました。

 名人鈴木先生に続けと、今回は生徒達もサケを次々と釣り上げました。余談ですが、私も9回目にして初めて釣り上げることができ、サケの重さを竿と手で感じることができました。普段手にする売っているサケと、今回直に触れ合った生きているサケは、感じる重さが違うような感覚がありました。生徒達も「ただ魚を釣った」という事ではなく色々なものを感じてくれたと思います。


 今後は、サーモンパークから人工授精したイクラ(発眼卵)を分けてもらう予定ですので、釣りを通じて学んだサケの生態への理解を生かし、大事に育てていきます。
17:25
2017/09/20

標津高校収穫祭

| by admin
 9月も中旬となり、標津高校の自然環境系菜園でも農作物の収穫の時期を迎えました。今年度も主力食物はジャガイモです。今年は昨年度よりも「でき」が良く70kgほど収穫できました。生徒達は「シベチップス」を作る計画をしているようです。

今年度新規参入野菜は玉ネギです。しかし、土壌が合わないのか、「玉」ネギになれたのは三割ほどで、残りはネギでした・・・。

 今後はかぼちゃとトマトを収穫予定です。かぼちゃは実をつけ、ぷっくり育ち始めたので収穫が楽しみです。
18:38
2017/09/06

第1回釣獲調査(サーモンフィッシング)

| by admin
 9月6日(水)、第2学年自然環境系科目において忠類川で鮭の釣獲調査(サーモンフィッシング)を実施しました。今年度は時期により遡上している鮭科魚類の差異を確認するために、昨年よりも少し時期を早めて実施しました。
 予想通り、忠類川の水面に写る影は、昨年度に見た「シロザケ」の影とは異なり、皆の期待は高まりました。
それから、小一時間ほどキャスティングしましたが、食い付く気配がなく、敗戦(?)ムードが漂っていました。
しかし、標津高校が誇る「釣り人・鈴木祐二名人」の釣り魂に焔が灯り、見事3尾の「カラフトマス」をフィッシュしました。普段テレビやスーパーで見る「鮭」とは違い、いわゆる「せっぱり」の部分を観察し、とても勉強になりました。

(余談ですが、私も4年目、6度目のサーモンフィッシングで初めてヒットしました!・・・が、糸が切れて今年もボウズでした・・・。)


 第2回は10月に予定しております。次は「シロザケ」を釣り上げ、調査研究に生かせられたらと思います。
10:08
2017/08/21

生物調査法実習 望ヶ丘公園の昆虫・水生生物調査

| by 教職員11
 8月19日(土)、20日(日)の両日、酪農学園大学の学生、院生の皆さんと一緒に自然科学部生徒と自然環境系科目選択生徒で望ヶ丘公園の生物調査実習を行いました。
 19日は、昆虫調査法と魚類調査法の基礎的な講義や楽しい大学生活の様子などをスライドを交えてお話をいただきました。その後、実地調査として昆虫調査を実施しました。望ヶ丘公園内にプラカップで落とし罠を仕掛け、地表徘徊性の昆虫類を採集、さらにネットを用いたスィーピングによる飛翔性昆虫を採集しました。また、翌日の魚類調査のために手作りのペットボトル罠を池に仕掛けました。

                    手作りペットボトルトラップ

                    クロアゲハを捕まえました
 採集した昆虫類は、学校へ持ち帰り図鑑を使って昆虫の同定実習を実施しました。なかなか同定することができない難しい昆虫もいましたが、なんとか名前を見つけ出すことができました。
 20日は、水中の調査をメインに実習を行いました。昨日仕掛けたプラカップの罠を回収し、池に仕掛けたペットボトル罠を引き上げました。残念ながら魚は入っていませんでしたが、ヨコエビ類を確認することができました。
 その後は、投網を投げる練習、午後から池に入り、網を使った生物採集を行いました。望ヶ丘公園の池では、大きな鯉が確認できましたが、網には入らず、それ以外の魚類は、エゾトミヨとドジョウ類を確認することができました。また、水生昆虫としては、マツモムシやミズスマシのような昆虫類が確認されました。

                    投網の投げ方を習いました

                            みんなで池へ

              たくさんのエゾトミヨ(池に戻しましたよ)
 その後は、学校へ戻り地表徘徊性の昆虫類の同定と大学院生の方から卒論の研究内容をわかりやすく説明していただき、また、大学生活のことを教えていただきました。

               アライグマの食害被害についての発表
 二日間、内容の濃い実習を行うことができ、今後の課題研究等に役立つ内容でした。わざわざ標津までお越しいただいた酪農学園大学の皆様、この場を借りてお礼申し上げます。

<おまけ>
この写真の中にアマガエルがいます。わかりますか???



18:57 | 今日の出来事
2017/08/21

漂流クジラ

| by admin
 8月21日(月)、標津町にクジラが漂着しました。噂を聞きつけ、第2学年自然環境系科目の生徒達と共に調査(野次馬?)に行きました。現地に到着し、クジラを発見しましたが、洋上でシャチに噛まれ、絶命したようで、思っていた「クジラ」とは少々違いました・・・しかし、写真を撮り、全長を仮計測し、描画による記録等はとってきました。写真は少々ホラーがかったものとなってしまい、公共の場ではお見せしにくいので、もし興味がございます方は学校までご連絡下さい。
17:38
2017/08/21

続ポー川遺跡発掘学習

| by admin
 8月8,9日、先日の遺跡発掘学習に引き続き参加させていただきました。今回は前回からの遺跡学習に加えて、ジオスライサーという地層を切り取る機器や、測量等のの地学的な実習もさせていただき、大変有意義な2日間となりました。本校卒業生で現在東京農業大学に通う元生徒会長の斉藤君も博物館実習として参加しており、生徒達に良い刺激を与えてくれました。

 また、発掘結果としても、チャシ文化からアイヌ文化につながっていくとされていた、「空白の時代」と呼ばれてきた部分の解明に一歩近づくというような歴史的な瞬間に立ち会えました。町内にはまだ発掘されていない遺跡や、学校近辺にも発掘可能な場所もあるので、今回の経験を踏まえて調査をしていきたいと思います。

17:08
2017/07/25

ポー川史跡発掘学習

| by admin
 7月20日(木)、第2学年自然環境系科目でポー川史跡自然公園にて学芸員の小野さんのご指導の下、遺跡発掘学習を実施しました。北海道では縄文時代から独特な文化が展開され、アイヌ文化へと発展していきました。特に標津では未だ解決していない空白の期間があるそうで、本校自然環境系科目の生徒達も調査に参加させてもらえることになりました。



 この日は基礎知識の学習と次回から発掘をする現地の下見と環境整備を実施しました。土の下からどんな過去を掘り出せるのか・・・今後の発掘調査が楽しみです。
08:48
2017/07/04

ホエールウォッチング

| by admin
 7月4日(金)、第3学年自然環境類型の課外授業の一環として、ホエールウォッチングを実施しました。当初は、6月下旬を予定していたのですが、濃霧のため延期となっていました。この日も午前中まで霧が標津町内を覆っていましたが、乗船する頃には晴れ渡り、実施することができました。

 波も穏やかで、生徒5人、教員3人、船長、ガイドさんの20の眼で必死に海を観察しましたが、なかなかクジラは姿を現しません。海を見過ぎてダウンする生徒も何名か・・・。

 標津沖を縦横無尽に駆け巡りながらクジラを探しましたが、なかなか姿を現さないため、濃霧を考慮して準備をしていたセカンドプログラムである洋上釣り体験に切り替えました。丘ではなかなか味わえない「入れ食い」状態を経験できました。お目当てのカレイはなかなかかからず、カジカばかりでしたが・・・。余談ですがB組のMYTK君は今回の授業で釣りに目覚めてしまったようで、今度は丘釣りに行くそうです。

08:47
2017/05/22

地図作成 実測編

| by admin
 5月22日(月)、第2学年自然環境系科目恒例の望が丘公園地図作成を実施しました。10mの紐を持ち、長さ、方角を計りながら歩き、最後に縮尺計算をして公園の地図を作成します。公園は春の花や、虫、野鳥、動物の痕跡などがあり、とても良いフィールドワークができます。ただ、蚊とダニだけが私たちの天敵です・・・


09:44
12

所在地
〒086-1652
標津郡標津町
南2条西5丁目2番2号
TEL
0153-82-2015(事務室)
0153-82-2364(職員室)
FAX
0153-82-2021
E-mail
n-shibetsu-z0(@)hokkaido-c.ed.jp
※ @の( )をはずしてください。
 

カウンタ

COUNTER25848

このサイトについて